脳の媚薬!?恋愛ホルモン「フェニルエチルアミン」を分泌させる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
脳の媚薬!?恋愛ホルモン「フェニルエチルアミン」を分泌させる方法

恋愛ホルモン「フェニルエチルアミン」が分泌されると人は恋に落ちる。

どうやってフェニルエチルアミンを分泌させる?

  1. 場所
    →恋愛映画(トキメキ・ドキドキ)
  2. 食べ物
    →チョコ、赤ワイン、チーズ
  3. 行動
    →視覚、嗅覚、聴覚(匂い大事)

「フェニルエチルアミン」の効果は3ヶ月~2年ぐらいと短い。

場所

恋愛映画。

恋愛映画を見るとトキメキやドキドキする。このとき脳でフェニルエチルアミンがドバドバ分泌されている。

食べ物

チョコレート

イギリスの大学の研究チームがカップルを対象にした実験で、キスをしたときよりもチョコレートを食べたときのほうがお互いの心拍数が上がった。

赤ワイン

恋愛ホルモン「フェニルエチルアミン」が含まれている。

チーズ

フェニルエチルアミンがチョコレートの10倍含まれている。

食事をするならイタリアンが有効

上記3つを自然に食べさせることが可能。

行動

フェニルエチルアミンが分泌される3要素。

  1. 視覚的要素
  2. 嗅覚的要素
  3. 聴覚的要素

視覚的要素

顔や服装、身長など

特に清潔感が大事。

嗅覚的要素

もっとも大事でお手軽なのは嗅覚的要素。

女性は男性よりも臭いに敏感。良い匂いの男性が好き。

聴覚的要素

声のトーンやピッチなど

低い声のほうが有効。

フェニルエチルアミンの効果は短い

「フェニルエチルアミン」の効果は、大体3ヶ月~2、3年で分泌されなくなり効果が薄くなる。ようは、マンネリしてトキメキ・ドキドキしなくなる。

恋愛ホルモンが分泌される期間に愛情ホルモン「オキシトシン」を分泌される関係になることが大切。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*