女性を依存状態させる方法はサンクコストを懸けさせて不安にさせる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女性を依存状態させる方法とはサンクコストを懸けさせて不安にさせる!

女性を依存させる方法。

  1. 女性にプレゼントさせろ
    →相手にサンクコストを賭けさせる。
  2. プレゼントされるものを豪華にしろ
    →フットインザドアで徐々に要求をあげる。
  3. 女性を不安にさせろ
     →自分の情報を全て伝えず、相手が知らない部分を作る。

女性にプレゼントさせろ

人は自分の労力や時間、お金をかけたものを失いたくないという心理がある。

その心理をうまく利用してるのがガチャゲーム。課金すればするほど止められなくなる。

【サンクコスト】とは・・・回収ができなくなった投資費用。

相手に対してサンクコストが上がると諦めきれなくなる。また、それだけ投資する価値のある人だと思う心理も働く。

要は、女性に自分に対してサンクコストをかけさせる。

女性にプレゼントさせる方法

フットインザドア(段階的要請法)を使う。

【フットインザドア】とは・・・最初は小さな要求から承諾させ、徐々に大きくして最終的に目的の要求を承諾させる方法。

小さな要求(お願い)から始める。例えば、消しゴムを借りる、物を取ってもらうなど。

小さなことでいいからこちらの要求をきいてもらうことが大事。

ほかにも、

・誕生日を祝ってもらう。
・一緒にデート、旅行する。

など、当たり前のことでも相手のサンクコストになる。

プレゼントされるものを豪華にしろ

人は徐々に要求をあげていくと断りづらくなる。(フットインザドア)

フットインザドアの例:

  1. 物を取って
  2. 小銭貸して
  3. ○○手伝って
  4. 一緒に飲みに行かない
  5. 端数分だけお金出して
  6. 前の店出したから、今回はおごってよ
  7. 手料理が食べたい
  8. 誕生日プレゼントを要求
  9. デートプランをお願いする
  10. 友達を紹介してもらう
  11. 親を紹介してもらう

断られたら要求を下げる。デートプラン考えて!が断られたら、夜行くお店だけ考えて!とか、一緒に考えて!とかハードルを下げる。

女性を不安にさせろ

依存状態というのは不安からくる。不安な状態のときは、常にそのことを考える。

恋愛でいうなら、相手がいなくなるかもしれないという不安な状態が相手を依存させる。

そして、サンクコストをかけさせればかけさせたほど依存が強くなる。

女性を不安にさせる方法

自分の情報をすべて伝えず、相手が知らない部分を作る。

例えば、

  • スマホは触らせない。
  • 誰と飲むのか伝えない。
  • 本業以外の収入源があるが詳しくは教えない。
  • 相手の知り合いがいないコミュニティーに参加する。

相手に聞かれてもはぐらかしたり、わざと答えなかったりして、相手を心配・不安にさせる。

不安になればなるほど依存状態に陥りやすい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*